コロナで日用品買い占め!スーパーでの実際の買い占め状況は??

コロナウィルスの影響で今世の中にはいろいろな情報が飛び交っていますね。

政府からの感染者の発表、支援を募る声、休校や自粛。毎日心配になることばかりです。

そして中にはトイレットペーパーなどの日用品が足りなくなるなどの情報が広がり、結果スーパーやドラッグストアで日用品の買い占めも行われています。

今回は実際のスーパーなどでの買い占め状況を調べてみました。

スポンサーリンク

トイレットペーパーは本当に消える??

マスクを大量生産するために原料が同じトイレットペーパーの製造が減らされるといった情報を信じてしまった人たちが
トイレットペーパーのまとめ買いを行い、超品薄状態が続いています。

本当に消えるのでしょうか??

結論から言うと全くのデマです。

トイレットペーパーの原料は主に木パルプつまり木です。
極端な話地球に木がある限り作れちゃうんです。

一方マスクは不織布と呼ばれる繊維をシートにしたもの。

全く原料が違うのです。

実際に経済産業省や業界団体も次のように発表しています。

ウソの情報によりトイレットペーパーが品薄となったことを受けて、梶山経産相は十分に在庫はあるとして買い占めを控えるよう呼びかけた。
梶山経産相「トイレットペーパーはほぼ国産品であり、十分な在庫もあり、国民の皆さんには落ち着いた購買をお願いしたいと思っております」
引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17905663/

 

スーパーの店員さん彼の声も


あまりに極端に買われすぎて仕入れや配送が追い付いていないだけなんですね。

スポンサーリンク

スーパーはどんな状況??

では実際に町のスーパーではどんな状況なのでしょうか??

twitterには次々と報告と恨み節が投稿されています。


皆口々に冷静になれとつぶやいてますね。

生理用品もないらしい。

超品薄はトイレットペーパーだけではありません。
生理用品やおむつも同じようなデマがきっかけで買い占められるようになりました。

ナプキンやおむつはなかなか代用もできないですから、もっと冷静になってほしいですね。

外国人が買い占めてる??

日本中で起こっているか日用品の買い占めですが、どうやら犯人は日本人だけではないよう。

どうやら転売をもくろむ外国人も暗躍しているようです。
外国人は大勢で押し寄せるパターンも多く、「1人1箱」制限では対処しきれないでしょうね。

まとめ

今回はコロナウィルスの影響によりスーパーで起こっているトイレットペーパーなどの買い占め状況をお伝えしました。
マスクから始まり、いろいろな日用品が一瞬で買い占められてしまっていますね。

実際に私の家の周りのスーパーでもトイレットペーパーや生理用品は全くないようです。

毎日使う人にとっては非常事態ですから周り、周りにれることなく普通に買い物をしていきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)